干し芋(いずみ13号の干し芋)・丸干し専門店/茨城県ひたちなか市





「太陽のIZUMI」は、天日干しから仕上がって約2週間以内が最も美味しい時期です。
その後は、徐々に色が黒く変わり食感も固くなって行きます。

出来たての柔らかいうちは、そのままが最も美味しいです。
その柔らかさを利用して、手作りお菓子に混ぜてみたりなど砂糖を使わずに健康的な原料として活用できます。

時間が経って固くなっても、細かく刻んで炊き込みご飯の具材にしたりグラタンやピザのトッピングとして芳醇な風味が味わえます。
また、アイディア次第で様々なお料理の材料に変身するのも干し芋(干しいも・乾燥芋)「太陽のIZUMI」のパワーです。